ロゴ
会社案内
事業概要
What's new
高橋徹は語る
Takahashi's Notes
著作・刊行案内
高橋徹の経歴
高橋徹の公職歴
高橋徹のアジアにおける活動
Data Library
次代のIT戦略〜改革のためのサイバー・ガバナンス〜
Webの創成〜World Wide Webはいかにして生まれどこに向かうのか
藤田 田社長が高橋 徹教授にIT特別講義を受ける
インターネット革命の彼方へ IT国家戦略と情報化社会
RIIS top page
高橋 徹は語る
高橋 徹のアジアにおける活動
高橋  徹のアジアにおける活動
1993年12月 APCCIRN(Asia Pacific Coordination Committee for Intercontinental Operations)台北会合に参加。Interop94Tokyoのプレゼンテーションを行う。
1994年 Networld+Interop94Tokyoのプログラム委員会議長(専任)。 アジアからの参加をプロモートし、韓国、香港、シンガポールなどからの参加を進める。
1994年11月 APNG(Asia Pacific Networking Group: APCCIRNを改称)北京会合に参加。東京インターネット(株)社長として副議長となる。
1995年6月 INET95 Hawaii会合に参加。Commercial Sessionの議長をつとめる。APNGにCommercial ワーキンググループを結成、委員となる。11月、IPミーティング神戸会合で、中国代表団を招待。
1996年1月 APRICOT(Asia Pacific Internet Conference on Operational Technologies)第1回シンガポール会合に参加。同時に、APNG/APNICの年次大会に参加。ここでAPIA(Asia & Pacific Internet Association) の発足に向けて協議を進める。
1996年5月 APIAを会社として発足。韓国のJin Ho Hurが初代議長、高橋は当初から財政担当役員。東京インターネット(株)および日本インターネット協会(IAJ)としてAPIAの会員となる。
1996年7月 中国、北京インターネット研究所(BII、劉東社長)と提携し、INET96モントリオールで中国政府代表団と会談。
1997年2月 APRICOT97香港に参加。61997年6月 INET97クアラルンプールに参加。APIAの発足をプレスコンファレンスでアピール(www.apia.org)。
1997年10月 ChinaInet97に参加。
1998年2月 APRICOT98マニラに参加。APNG/APIA/APNICの年次大会も併催。APNICのExecutive Councilメンバーに選出され、議長となる(2000年3月退任)。アジアにおけるドメイン名管理組織の連合体(APccTLD)を結成するための準備会合を行い、議長となる。
1998年5月 ChinaInet98に参加、アジアのインターネット商用化にかんして講演。
1998年7月 INET98ジュネーブに参加。APccTLDのワーキンググループを開催。
1998年10月 東京インターネット(株)がPSINETに買収され、PSINETアジア上級顧問となる(2000年1月退任)。
1999年2月 APRICOT99シンガポールに参加。APNIC/APNG/APIA年次総会を開催。INET2000の日本招致委員会委員長として提案作成。
1999年6月 INET99サンノゼに参加、翌年の開催国となり、日本開催に関して演説。ChinaInet99に参加。
「高橋 徹は語る」に戻る Toppage
Copyright